畳の張替え☆お役立ちガイド

トップ > 畳の張替え情報 > 畳の張替えで費用を抑えて新品同様にしよう

畳の張替えで費用を抑えて新品同様にしよう

畳を使い続けていると、だんだんと表面が色あせていきませんか。
毎日掃除をしていても、劣化してしまいますので定期的に新しくする必要があります。
ただし、畳の場合は全部を取り替えなくてはならないわけではありません。
張替えと言う方法があります。
この方法であれば、費用をかなり抑えることができるので劣化してきたら、まずは張替えを考えてみてください。
畳は分解すると複数のパーツに分かれます。
歩いた時に床が沈んだりすることがなければ、全部を取り替えなくて構いません。
さすがに、床が沈んだりするようであれば、全部を取り替えた方が良いです。
表面のござだけを取り替えてしまえば良いのであれば、やってみようと考えるでしょう。
色あせてしまうと見た目もあまり良くありませんし、張替えを考えてみてください。


表替えにするのか裏返しにするのかと言う問題があります。
裏返しの場合は、表面のござを裏返しに張替えるだけです。
さすがに自分で裏返すことはできませんから、業者に頼む必要はあります。
最初に考えるのは、裏返しではありませんか。
表替えは、表面のござを取り替えることです。
ござの部分がかなり古くなっているのならば変えてしまった方が良いです。
以前、裏返ししたことがある人は表替えしましょう。
新しいござにすれば、畳を全く新しいものに変えたかのような感覚になるかもしれません。
良い香りが漂ってくるでしょう。
もちろん、色あせておらずとても美しい色をしています。
部屋の雰囲気も変わりますし、色あせた畳をそのまま放置しないで、表替えか裏返しして新品同様の畳に費用を抑えて実現しませんか。


実際に張替えたい場合は、業者に頼まなくてはなりません。
たくさんの業者がありますので、どこの頼むのかが問題です。
昔から同じ業者に頼んでいる人もいますが、様々な理由から新しい業者に頼む必要があることもあります。
表替えも裏返しであっても、ござやふちなどを新しくすることになりますから、これらの種類が多い方が良いです。
安心して頼めることが重要ですから、従業員の態度が良いところにしましょう。
問い合わせた時の態度が良ければそこに頼んでみませんか。
従業員の態度が良ければ安心です。
業者によってもござやふちなどの料金が違いますので、なるべく安くしたいのならば比較して安いところにしても構いません。
安かろう悪かろうにならないようにするためにも、料金と同時に従業員の態度にも注目すれば後悔しなくて済むでしょう。